トイプードルのストレスと餌

トイプードルのストレスと餌

トイプードルのストレスと餌

トイプードルはゲージで飼うよりも放し飼いの人がストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が溜まりづらい印象がありますよね?

しかし、放し飼いのほうがトイプードルにストレスを与える事になります。

「ゲージに入れるのはかわいそう」と言うのは人間の勝手な思い込みです。

しかも、トイプードルは寝ている時間が長いので、ストレスも溜まりないのです。

そもそも犬は狭いスペースが好きですから、ゲージに入っていても苦ではないものです。
放し飼いをすると自分が守らなけれねならないスペースが増えてしまいます。

これがストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)になってしまうので、放し飼いよりもゲージで飼われた方がいいでしょうね。

但し、ずっとゲージに閉じ込めておくのはやめましょう。

それではストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が溜まってしまうから、しっかりと散歩をするようにしましょう。

散歩をすることによって健康維持やストレスの発散に繋がるはずです。

どうしても放し飼いにこだわる場合は、きちんとルールを守らせるようにするのです。

放し飼いにすれね躾が難しくなるので、ルールを守らずに生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)をしてしまってがちです。

寝る時はサークルに入る、人のベッドを占領している場合は注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)するなどやるべきことは多くあります。

トイプードルの餌の注意点3つ!お腹を壊さないドッグフードは?
トイプードルは穀物をうまく消化できないのでグレインフリーの穀物不使用のものを選択するようにして下さい。