魚の目に効果のある薬って?

魚の目に効果のある薬って?

魚の目に効果のある薬って?

魚の目は、軽度であれば薬で治療する事が可能になったのです。
では、魚の目に効く薬には、どういった感じのものがあるのか見てくださいね。
まずは、患部に貼ることで角質(ケラチンと呼ねれるタンパク質でできた古くて死んだ細胞のことです。
表皮にあります)を柔らかくし取り除く絆創膏タイプです。
足裏用や指用、外反母趾(可逆期、拘縮期、進行期、終末期の四段階に分けられています)用など、使用箇所によって様々な種類が販売されています。
また、患部の他に薬剤が付着してしまうのを防いだり、衝撃から皮膚を守るために保護パッドがついている商品もありますよ。
次に、絆創膏タイプと同じ方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)で治療する液状タイプです。
液状タイプだと、絆創膏タイプと違い使用箇所を選ばず、どこでも塗布することができますね。
使用回数は1日1〜2回で済み、お風呂上がりに塗布するのが効果的になっているでしょう。
必要であるだけ塗布して、狙い撃ちで治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)する事ができるために、即効性を期待する方にはおすすめでしょう。
しかし、こういった薬は作用の強い薬のため、妊娠中の女性やその疑いがある方は、使用を控えるようにしてください。
動物実験では胎児(産科医療の定義では、妊娠第八週目から胎児と呼んでいます)に奇形が出るとの報告もあったほどです。
どうしても治療したい場合は、直接、病院に行ってお医者さんの診察を受けるなさってくださいね。
また、内服薬(薬によっては胃腸に負担をかけてしまう恐れもあるため、胃腸薬を一緒に処方されることも少なくありません)として、ヨクイニンと言ったハトムギの殻を取り除いた種子が、魚の目に効くだと言われているのです。
ヨクイニンは、肌が荒れてしまったり、イボ取り治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)に利用されており、皮膚科でも内服薬(医師や薬剤師の注意をよく守り、自己判断で服用を中止しないことも大切です)の一つとして処方される事があるんでしょうか。
市販でもうっており、副作用も少ないことから、とりあえず使ってみると言う人も多いようです。
すぐに効果が現れる訳ではないんですが、肌の環境を整えてくれる成分が含まれているため、魚の目以外の皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)トラブルも改善可能場合があるみたいです

copyright カナコの美しい生活術 All Rights Reserved.