足のたこの治療法って?

足のたこの治療法って?

足のたこの治療法って?

たこは足の他にも、手や身体のあちこちに出来るもので、通常は特に痛みがなければ放置しておいて構わないとも言われているのです。
だけど、実際は気になるため、カッターで切ったり、ヤスリで削ったりする方もいらっしゃるみたいです。
それでは、足のたこのただしい治療法には、一体どのようなものがあるのでしょうか。
たこに対してのただしい治療方法は、そのたこの程度や症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の進行状態によって変わってくると思います。
基本は、たこの肥厚した角質(ヒトや動物などの表皮や毛、羽毛や蹄、爪を構成している角化組織です)の除去にあるため、専用のヤスリで削ると良いですよ。
入浴後であれば皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。
また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)もやわらかくなっているため、ちょっとは削りやすくなっているんです。
ただ、注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)しなければならないのは、一気に刺激を与えてしまうと、その箇所の皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。
また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)がますます硬くなってしまった可能性がある為、ちょっとずつ削るようにして下さい。
病院で行う場合は、専用の機械で削ったり、リキット窒素やレーザーで焼いたりする治療法が取られているかもしれません。
また、薬品を利用してたこを取り除く治療法もあり、サリチル酸の働きによって角質(真皮を外部の刺激から守る、水分を逃がさないようにするといった働きがあります)を白くふやかして除去します。
貼り薬(入浴の30分くらい前には剥がすようにして、再度貼る場合にも30分以上開けてから貼ります)と塗り薬の二種類があって病院で処方してくれるでしょうが、市販品のイボコロリやスピール膏と言ったものをつかっても効果は変わらないようです。
鍼灸院(法令用語では、施術所と呼ねれます)にて、お灸(制裁を加えるといった意味合いで、「すえる」といわれたりもしますね)で焼き切る方法もあり、焼き切るまでにはかなり時間は掛かりますが、こちらの方が削るよりも再発率が低くなるともいわれているのです。
どちらにしても、細菌感染などといった危険もある為、くれぐれも注意するようにします。

copyright カナコの美しい生活術 All Rights Reserved.