ツボ押しが効く?

ツボ押しが効く?

ツボ押しが効く?

鬱病は、さまざまな精神的・身体的症状が現れます。
精神的な症状としては、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)や悲シミなどの悲観的な気分になったり、何もする気が起こらず、無気力な状態になったりする事が挙げられるでしょう。
鬱になっていない人も、何かしらのできごとがあった時にそういった気分になることはありますが、しばらくすると元の精神状態に戻ると言われていますね。
でも、鬱病であれねそんな悲観的な気分がずっと続きます。
症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が酷くなると、仕事や学校に行く事も困難になり、自殺や自傷行為に走ってしまいますよね。
身体的な症状としては、全身がだるかったり、頭痛、めまい、不眠、肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)、食欲不振、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)や下痢など様々なのです。
ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)社会を生きる私達に取って、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)はどういった方でも起こりうる病気になるはずです。
もし、鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)かなと思ったら、なるべく早めに治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をはじめることが重要ですが、その治療法の一つにツボ療法があるんです。
ツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)の中には、うつ病の改善に効果的だという名前のものがあるそうです。
例えば、筋縮といったツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)。
これは、脊柱の第9胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)椎棘突起と第10胸椎棘突起の間にあるツボで、精神錯乱や不眠症(眠れないだけでなく、色々な症状があります)、神経衰弱などに効果があるといわれているのです。
押しにくい場所にありますから、こぶしで軽く叩くか、つまようじなどで刺激するのがいいかもしれませんよ。
それに、身柱といったツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)もおすすめでしょう。
脊柱の第3胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)椎棘突起と第4胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)椎棘突起の間にあるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)で、神経症やヒステリーなどといった神経性疾患(いわゆる病気のことです)の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を緩和してくれる効果的なんです。
このツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)は人さし指と中指で、押し回すようにちょっとずつ押すのがいいはずです。
それから、印堂や神庭というツボもイライラして寝付けない時に効果があるみたいです。
印堂は眉間の真ん中にあり、そこからまっすぐ上に向かっていき、髪の生え際にあるのが神庭です。
この二つのツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)は、ぬるめのお風呂に入って、ゆったりしながら押すのがベストではないかと思います

copyright カナコの美しい生活術 All Rights Reserved.