振られた原因を考える?

振られた原因を考える?

振られた原因を考える?

好きな人に振られた場合、あなたはその理由を如何しても知りたいタイプなのですか?だといわれていますね。 あなたが浮気をしてしまったなど、明らかにあなた側に問題があって振られた場合には、今後の行動を改める為にも反省してください。 けれど、何か特別な原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)に心当たりがない場合に、振られた原因を考える事が、果たして本当に自分の為になるものですか。 たとえ、相手が振られた時に理由を告げてくれていても、その理由が本当かそうでないか確かめる術はないですよねよね。 あなたに非があったと言われても、実は、単純に相手に新しく好きな人が出来ただけなのかもしれませんし、あなたには何も原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)がなかったのかも知れません。 それなのに、自分が何か嫌われるような事をしていないか、自分に女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)としての魅力がないんじゃないか、などとクヨクヨ振られた原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を考えてみても、何も始まりません。 振られた原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)ばかりをかんがえていたら、次に恋愛した際に、「また自分が要因で振られてしまうからは?」と不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)になってしまいます。 それでは、せっかく良い関係が続いていてあったとしても、常に相手に対して疑心暗鬼(あまりにも度が過ぎる場合には、精神疾患を疑った方がいいかもしれません)になってしまったと言われているようです。 物ごとを否定的にかんがえていると、不思議とその通りになってしまうパターンをあなたも経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)した事がありますよね。 これが、「マイナスの期待感」と言った深層心理です。 失恋を繰り返さない為にも、振られた原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)が思い当らない場合には、もう色々と考えるのは止めにしましょうね

copyright カナコの美しい生活術 All Rights Reserved.